梱包は自分でする

@引っ越し単身パック|とにかく安く済ませたい一人暮らしの方必見!

梱包を自分でするコツ

荷物を自分で詰めると引越し料金のオプションを追加しなくて済み、お手ごろの料金で利用できます。ちょっと面倒と思っていた方も自分で梱包に挑戦してみませんか。荷造りのコツを紹介しますので、引越し料金節約に役立ててみてください。
まず最初にやらなければならないのが不用品の処分です。オークションで売ったりリサイクルショップに出すのが面倒ならゴミとして出しましょう。引越し前日までにまとめて処分のお願いをしておくと、大型ゴミなどを一度に捨てることができます。また、自分で清掃工場まで持ち込んで料金を安くする方法もあります。
次に意外と手間がかかるのがキッチン用品の梱包です。引越し当日までに調味料や食料品を少なくし、荷物を減らしておいてください。また、直ぐに必要となる日用品は1つのダンボールに入れておくと、引越し当日に直ぐに開けて使えます。最終日に使ったものをまとめて入れれば物が見つからないということを防げます。そのほか家具の分解に必要な工具類は当日まで取っておくことをおすすめします。

見落としやすい荷物の整理術

引越し当日に荷物を搬出してみたら、意外なところに盲点があったというケースはよくあります。梱包しながら注意点もチェックするようにしてみて下さい。
1人に1台あるのが当たり前となりつつあるパソコン。バックアップを取って引越し時の振動に備えてください。もし不安なら自家用車で別途運搬したり、引越し用品とは別に家電製品の配送として送る方法もあります。また、ベッドの分解やカラーボックスを小さく崩しておくことも忘れないようにしましょう。そのほか観葉植物の梱包忘れ、物置に入っている自転車やアウトドアグッズ、押入れの天袋の中に物が入っていないかも注意が必要です。引越し当日は周りを見渡してみて入れ忘れを防ぎ、ボストンバッグだけ残して1つに日常品を入れておくとスムーズになります。あと忘れがちなのが洗濯機や冷蔵庫の水抜きです。前日までにコンセントを抜き取り水が出たら捨てておきます。
これらの注意点に気をつければ1人暮らしの梱包はそれほど難しくありません。引越し費用の節約のために是非挑戦してみて下さい。

 

いますぐ一括見積りをする>>


ホーム RSS購読 サイトマップ