長距離と短距離の違い

@引っ越し単身パック|とにかく安く済ませたい一人暮らしの方必見!

長距離なら宅配業者

長距離の引越しの場合ではその地域で引っ越し業者がカバーしているか確認しなければなりません。全国規模で展開しているといえば大手引越し業者か、宅配業者の単身プランが良いでしょう。特に長距離となると価格の安さが得られやすいのは宅配業者のようです。
例えばクロネコヤマトの単身プランだと同一地域で13,000円〜となっているのですが、それが長距離になったとしても極端に金額が上がるわけではありません。かなり距離が遠く北海道から沖縄に引っ越したとしても10万円を超えることはないようです。これも全国に支店を構える宅配業者だからできるわざなのでしょう。ほかにも日通など大手宅配業者も同じような料金体制のため、詳しい料金を知りたい方はお見積もりをおすすめします。
一方大手引越し専門業者はどうかというと、長距離になるとガソリン代や高速代などが別途必要となるため、単身パックでも10万円を超えやすくなります。長距離の場合は距離に応じて業者がどのくらいの経費を必要とするかで考えてみると良いでしょう。

近距離なら複数見積もりで

近距離の単身引越しではどの業者が一番安いかは一概にいいにくいため、見積もりサイトにて複数の業者で料金を比較することをおすすめします。検討したいのは宅配業者の単身パック、引越し業者の単身プラン、赤帽などの軽貨物輸送です。同一市内なら宅配業者の1万円代〜利用できる金額が一番安い場合もありますし、比較的近い場所なら赤帽のような業者のほうがお手ごろのこともあります。また、引越し業者に依頼しても近くならあまり高額になりにくいため、サービスの面で選んでみるのも良いでしょう。色々と料金や引越し内容を比べながらピッタリのプランを選んでみてください。
そのほか見逃せないのが中小企業の引越し専門業者です。全国のカバー率が無くても地域密着で低価格にて提供している所も多く、意外と安く済むケースもあるのです。しかし、一つ一つの業者に見積もりを依頼するのは大変ですから、一括見積もりサイトにて複数の業者にお願いしてみましょう。思わぬ安い業者が見つかるかもしれません。

 

いますぐ一括見積りをする>>


ホーム RSS購読 サイトマップ